背中ニキビ 原因 石鹸

背中のニキビ跡を消すには…

背中ニキビは潰れたり、放置してしまうと肌がへこむクレーターになったり、
赤いポツポツになったり、茶色や黒ずんだシミや色素沈着を引き起こします。

 

背中だとなかなか自分では気づくことがないので、大体発見が遅れることが多く、
温泉に入っている時、背中が開いている洋服やドレスを着ている時、
水着を着て海やプールに行った時に、他人から言われて初めて気付くことが多いです。
その時に背中が汚いと恥ずかしい思いや嫌な思いもあるかもしれませんね。

 

毛穴が詰まっている状態を白ニキビといいますが、これがニキビの初期状態です。
これがさらに進行するとニキビ芯がでていて赤く炎症を起こしている赤ニキビになります。
最終的に潰れたり皮膚がえぐれてしまい肌にはニキビ跡として残ってしまいます。

 

ニキビ跡にも種類があって、ボコボコしたクレーターニキビ跡、茶色く色素が沈着したシミニキビがあります。

 

ニキビ跡を綺麗に治すには、紫外線を当てることは絶対NGです。
背中のメラニン色素が紫外線を吸収し、皮膚の中に入り込んでさらに悪化します。

 

背中ニキビ跡を短期間で綺麗に治すには、肌のターンオーバーを正常化し、潤いのあるモチモチ肌にすることが重要です。

 

内側から新しい皮膚が表面に出てくるので、肌の奥に色素沈着してしまったニキビ跡も、
ターンオーバーを正常化することで自然に消すことができます。

 

これがニキビ跡を短期間で消す唯一の方法です。
皮膚科の薬やレーザー治療などは必要ありません。
ターンオーバーを正常化するために「保湿」をする。
そして正常なターンオーバーでニキビ跡を消す。

 

たったこれだけなのです。