背中ニキビ 原因 石鹸

背中ニキビ跡の対策 3つのポイント

背中のニキビ跡を対策するためには3つのポイントがあります。
1. 背中のニキビを絶対潰さない

 

背中のニキビはかゆみがある場合もありますが、絶対掻いてはいけません。
クレーターニキビ跡の原因に直結する場合が多いです。
掻いてしまうことにより、肌へのストレスになることも多いので、掻くことは絶対やめてください。

 

2. 紫外線対策をする

 

日差しが強くない日でも、紫外線って結構あるんです。
夏の方が強いのですが、冬の紫外線や曇りの日の紫外線も軽くは見れません。
腕や顔よりも背中は面積が多いので、服を着ていても常に紫外線にさらされているのです。
紫外線はシミの原因になるので、できるだけ保護クリームや日焼け止めを塗るように心掛けてください。

 

3. 乾燥は禁物!

 

肌が潤っていない時に老廃物が分泌されないのです。
代表的なのが「角質」です。
背中のニキビ跡を消すには、潤いが大切になっているので、保湿は欠かせません。

 

乾燥させずに潤いを肌に与えることで、正常なターンオーバーの周期が保たれます。
肌の乾燥は、肌荒れだけではなくニキビを作る原因にもなってしまうので要注意です。

 

この3つのポイントがニキビ跡を消すことで大切なポイントになります。
長年治らなかった背中のニキビも短期間で自宅で簡単に治せてしまうのです。